下呂市: 久津八幡宮

  岐阜県:歴史・観光・見所(ホーム)下呂市:歴史・観光・見所>久津八幡宮
岐阜県・名所・見所
 ・ 苗木城
 ・ 恵那神社
 ・ 馬籠宿
 ・ 恵那峡
 ・ 坂折棚田
 ・ 崇禅寺
 ・ 永保寺
 ・ 鬼岩
 ・ 明善寺
 ・ 小山観音
 ・ 大仙寺
 ・ 五宝ノ滝
 ・ 飛騨街道
 ・ 迫間不動尊
 ・ 日龍峰寺
 ・ 岐阜城
 ・ 伊奈波神社
 ・ 延算寺
 ・ 崇福寺
 ・ 大矢田神社
 ・ 養老の滝
 ・ 大垣城
 ・ 墨俣一夜城
 ・ 南宮大社
 ・ 真禅院
 ・ 中山道
 ・ 岩村城
 ・ 飯高観音
 ・ 円鏡寺
 ・ 来振寺
 ・ 飛騨市古川町
 ・ 祖師野八幡宮
 ・ 禅昌寺
 ・ 久津八幡宮
 ・ 鶏鳴滝
 ・ 湯屋温泉
 ・ 郡上八幡城
 ・ 飛騨国分寺
 ・ 安国寺
 ・ 飛騨一宮水無神社
 ・ 飛騨東照宮
 ・ 白川郷合掌集落
 ・ 華厳寺
 ・ 横蔵寺
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
久津八幡宮・歴史・観光・見所
久津八幡宮(下呂市)概要: 久津八幡宮は岐阜県下呂市萩原町上呂に鎮座しています。久津八幡宮の創建は仁徳天皇65年(377)、難波子武振熊命が両面宿儺を征討の折、応神天皇の分霊を勧請し戦勝祈願をしたのが始まりと伝えられています。その後、平治元年(1159)に源義平(河内源氏の棟梁源義朝の長男)が鶴岡八幡宮の分霊(男山八幡宮の分霊とも)合祀しています。古くから飛騨二ノ宮、南飛騨国総鎮守として広く信仰され、特に歴代飛騨国主や、高山城の城主金森家、高山陣屋の代官、郡代から崇敬され、社領の安堵や社殿の造営が行われました。久津八幡宮は古くから神仏習合していましたが明治時代の神仏分離令を経て県社に列しています(久津八幡宮が所有する書写大般若経や本地仏開扉に関する文書並びに関連資料など神仏習合時代の名残が感じられます。※神像も仏教色の強い意匠)。祭神:広旗八幡大神(応神天皇:第15代天皇)。相殿:天照皇大神、春日大神。

現在の久津八幡宮本殿は応永19年(1412)当時の飛騨国領主白井太郎俊國が再建したもので、三間社流造、柿葺、飛騨の匠である名工武澤茂右衛門利久が手掛けた建物とされ、南妻蟇股に施された「鳴き鶯」は余りにも見事なことから、美しい鳴き声を出し石を投げると鳴くのを止めたという伝説が残っています。久津八幡宮拝殿は天正9年(1581)、当時の飛騨国領主三木自綱が再建したもので入母屋、柿葺、桁行7間、梁間5間、飛騨の匠桂川孫兵衛が手掛けた建物とされ、壁は吹き放し、素木造り。拝殿に施された「水を呼ぶ鯉」の彫刻は度々益田川の氾濫を導いた為、対面に「矢」の彫刻を施すと氾濫が起こらなくなったと伝えられています。久津八幡宮本殿と拝殿は室町時代に造営された社殿建築の遺構として大変貴重である事から軒札(拝殿:2枚・本殿:8枚)と共に国指定重要文化財に指定されています。社宝である久津八幡宮祭礼記録18点が昭和42年(1967)に岐阜県指定有形民俗文化財に指定されている他、境内にある夫婦杉(推定樹齢1200年・幹回り12.5m:「もらい乳のこぶ」として信仰)が昭和3年(1928)に国指定天然記念物に指定されています。

久津八幡宮の文化財
 ・ 久津八幡宮本殿−応永19年−国指定重要文化財
 ・ 久津八幡宮拝殿−天正9年−国指定重要文化財
 ・ 夫婦杉−推定樹齢1200年−国指定天然記念物
 ・ 久津八幡宮祭礼記録(18点)−岐阜県指定有形民俗文化財
 ・ 書写大般若経−鎌倉末期正和元年:1312年書写−下呂市指定文化財
 ・ 本地仏開扉に関する文書並びに関連資料−下呂市指定有形民俗文化財
 ・ 狛犬−平安時代−下呂市指定文化財

久津八幡宮
久津八幡宮
[ 付近地図: 岐阜県下呂市 ]・[ 下呂市:歴史・観光・見所 ]
久津八幡宮 久津八幡宮 久津八幡宮 久津八幡宮
久津八幡宮 久津八幡宮 久津八幡宮 久津八幡宮
住宅設計

 岐阜県観光・旅行見所ナビ:
中津川市馬籠宿恵那市瑞浪市土岐市多治見市可児市御嵩町美濃加茂市川辺町八百津町関市各務原市岐阜市美濃市養老町
大垣市垂井町関ヶ原町池田町神戸町|瑞穂市|北方町大野町本巣市|山県市|下呂市郡上市高山市飛騨市|白川郷荻町|恵那市:明智町
恵那市:岩村町岐阜県:城郭岐阜県:神社岐阜県:寺院岐阜県:古民家岐阜県:洋館
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。