可児市・歴史・観光・見所

  岐阜県:歴史・観光・見所(ホーム)>可児市
岐阜県・名所・見所
 ・ 苗木城
 ・ 恵那神社
 ・ 馬籠宿
 ・ 恵那峡
 ・ 坂折棚田
 ・ 崇禅寺
 ・ 永保寺
 ・ 鬼岩
 ・ 明善寺
 ・ 小山観音
 ・ 大仙寺
 ・ 五宝ノ滝
 ・ 飛騨街道
 ・ 迫間不動尊
 ・ 日龍峰寺
 ・ 岐阜城
 ・ 伊奈波神社
 ・ 延算寺
 ・ 崇福寺
 ・ 大矢田神社
 ・ 養老の滝
 ・ 大垣城
 ・ 墨俣一夜城
 ・ 南宮大社
 ・ 真禅院
 ・ 中山道
 ・ 岩村城
 ・ 円鏡寺
 ・ 来振寺
 ・ 飛騨市古川町
 ・ 祖師野八幡宮
 ・ 禅昌寺
 ・ 久津八幡宮
 ・ 鶏鳴滝
 ・ 湯屋温泉
 ・ 飛騨国分寺
 ・ 安国寺
 ・ 飛騨一宮水無神社
 ・ 飛騨東照宮
 ・ 白川郷合掌集落
 ・ 華厳寺
 ・ 横蔵寺
 ・ 
 ・ 
可児市・歴史・観光・見所
可児市概要: 可児市の歴史は古く岐阜県最大級の古墳である次郎兵衛塚一号墳や長塚古墳などが点在し比較的早い時期から開けていたと思われます。74年には景行天皇の美濃での行在所でもあった泳宮が設営され、八坂入彦の姫である入媛を后としたと伝えられています。室町時代に入ると美濃守護職である土岐氏の一族である明智氏や瀬田氏、羽崎氏などが支配し、戦国時代には森氏が金山城を拠点として周辺を割拠します。当初、森氏は土岐氏に従っていましたが、土岐氏の衰退に伴い織田信長に組し有力家臣として台頭し、信長の小姓である森蘭丸を輩出しています。本能寺の変後、一時遠山氏により占拠されますが森氏は羽柴秀吉に従う事で地位を確立し周辺を統一すると共に飛騨へも侵攻し領地を広げています。江戸時代に入ると森氏は移封となり可児市は天領や尾張藩、旗本領などにより分割され、金山藩と徳野藩が立藩するものの短期間で廃藩となっています。
  スポンサーリンク
 
可児市
可児市:町並み 可児市:町並み 可児市:町並み 可児市:町並み 可児市:町並み
可児市:町並み 可児市:町並み 可児市:町並み 可児市:町並み
可児市:観光・見所
長塚古墳
長塚古墳
長塚古墳
広見神社
広見神社
広見神社
中川寺
中川寺
中川寺
兼山小学校
旧兼山小学校
旧兼山小学校
常光寺
常光寺
常光寺
白鬚神社
白鬚神社
白鬚神社
子守神社
子守神社
子守神社
身隠山古墳
身隠山古墳
身隠山古墳
金山城
金山城
金山城
大通寺
大通寺
大通寺
可成寺
可成寺
可成寺
熊野古墳
熊野古墳
熊野古墳
六角堂
六角堂
六角堂
小関の清水
小関の清水
小関の清水
 
白
 
住宅設計


 岐阜県観光・旅行見所ナビ:
中津川市馬籠宿恵那市瑞浪市土岐市多治見市可児市御嵩町美濃加茂市川辺町八百津町関市各務原市岐阜市美濃市養老町
大垣市垂井町関ヶ原町池田町神戸町|瑞穂市|北方町大野町本巣市|山県市|下呂市郡上市高山市飛騨市|白川郷荻町|恵那市:明智町
恵那市:岩村町岐阜県:城郭岐阜県:神社岐阜県:寺院岐阜県:古民家岐阜県:洋館
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。