下呂市小坂町: 浄福寺

  岐阜県:歴史・観光・見所(ホーム)飛騨街道(越中街道・鰤街道)下呂市小坂町>浄福寺

概要・歴史・観光・見所
浄福寺(下呂市小坂町)概要: 浄福寺の創建は室町時代後期に、当地の領主浄福寺で桜洞城の城主三木良頼の弟である左馬助直忠が出家して真證と名乗り開山したのが始まりとされます。浄福寺の枝垂れザクラは案内板によると「 享和3年(1803)の春、江戸新吉原の妓楼、山城屋等により浄福寺へ梵鐘が寄進された。このとき遊女たちの願いで新吉原の桜の一株が梵鐘と共に運ばれて、鐘楼の傍らに植えられたのが、このサクラで枝の先端が地に届く程の大しだれである。」とあります。推定樹齢200年、樹高10m、目通り周囲2.5m、昭和47年(1972)5月1日に下呂市指定天然記念物に指定され美濃桜33選に選定されています。明治6年(1873)には庫裏が「小坂小学校」の仮庁舎として利用されています。山門は入母屋、銅板葺、三間一戸、八脚楼門、上層部の外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、正面に花頭窓。本堂は入母屋、銅板葺、平入、正面1間向拝付、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。宗派:真宗大谷派。

浄福寺:写真

浄福寺
[ 付近地図: 岐阜県下呂市小坂町 ]・[ 下呂市:歴史・観光・見所 ]
浄福寺 浄福寺 浄福寺 浄福寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。