庚申堂(細久手宿)

  岐阜県:歴史・観光・見所中山道(美濃路)細久手宿>庚申堂

概要・歴史・観光・見所
庚申堂(細久手宿)概要: 庚申堂は中山道の宿場町である細久手宿(瑞浪市)の江戸方向の外れに位置し、庚申堂案内板によると「 宿内はもちろん近郷や旅人からも「細久手宿のこうしんさま」として親しまれてきたお堂で、ここからは宿内が一望されます。境内には石造物が多く残っており300年余り前のものもあって宿当時の賑わいぶりが偲ばれます。」とあります。御堂は宝形造、桟瓦葺、桁行2間、梁間2間、外壁は正面が板張、その他の面が真壁造白漆喰仕上。庚申信仰とは人間の腹の中に「三尸の虫」が住み、庚申の日の夜に眠っていると天上に上がり天帝(帝釈天)にその人の罪や悪事を告げる、その罰により寿命が短くなるという教えです。その為、信者達は庚申の日は眠らないように皆で集まり徹夜で御経をあげ、帝釈天の使いとされる青面金剛、青面金剛の化身である猿(申)が信仰の対象となりました。

庚申堂:写真

庚申堂
[ 付近地図: 岐阜県瑞浪市 ]・[ 瑞浪市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。