大井宿: 市神神社

  岐阜県:歴史・観光・見所中山道(美濃路)大井宿>市神神社

概要・歴史・観光・見所
市神神社(大井宿)概要: 市神神社の創建は室町時代中期、大井町字市神神社市場田に霊石を安置し八大龍王の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。寛永9年(1632)、市杵島姫命、大己貴命、事代主命、水分神、稲荷大明神の分霊を勧請合祀しました。その後、数度遷座を繰り返し、貞享5年(1688)に現在の大井橋上流付近に遷座しましたが、河川の増水や洪水で境内が安定せず明治25年(1892)に現在に遷座しています。例祭である七日市は元々1月7日に行われた煙草市に由来し、昭和初期までは田の神を迎える為に煙草の花を模った福団子を食するのが慣わしだったと伝えられています。往時は福寿円満、商売繁昌、養蚕守護・旱魃雨乞に御利益があるとして例祭には境内に入りきれない程参拝者が訪れたそうです。

市神神社:写真

市神神社
[ 付近地図: 岐阜県恵那市 ]・[ 恵那市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。