川辺陣屋

  岐阜県:歴史・観光・見所川辺町:観光・観光・見所>川辺陣屋

概要・歴史・観光・見所
川辺陣屋概要: 川辺陣屋(旗本大嶋氏居館)は大島政光は川辺陣屋慶長年間(1596〜1615年)に設けた陣屋です。父親である大島光義は関が原の戦いで東軍に組した為、1万8千石に加増され関藩を立藩しましたが、所領を4人の子供たちに分地した為、関藩が廃藩になり子供達が旗本となりました。慶長9年(1604)、次男である政光は4千7百10石が分け与えられ川辺の地に陣屋を設け歴代大島家が領主として明治維新を迎えています。現在は川辺西小学校の敷地となり見たところ遺構らしいものは見当たりませんが歴史的に貴重なことから名称「旗本大嶋氏居館」として昭和52年(1977)に川辺町指定史跡に指定されています。

川辺陣屋:写真

川辺陣屋
[ 付近地図: 岐阜県川辺町 ]・[ 川辺町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。