川辺町・歴史・観光・見所

  岐阜県:歴史・観光・見所>川辺町

概要・歴史・観光・見所
川辺町概要: 川辺町は古くから開けていた地域で古墳が点在しています。中世に入ると川辺庄と呼ばれ木曽義仲の家臣の後裔とも諏訪大社の神官の後裔とも云われる肥田氏が支配します。戦国時代に入ると金山城主森氏が川辺庄に侵攻し当時の当主肥田玄蕃が守る米田城が落城、肥田氏は没落し森氏支配となります。江戸時代に入ると天領、尾張藩領、旗本である大島領に分割され、特に大島領の祖となった大島光義は槍の名手と言われる武将として知られ1万8千石が与えられました。慶長9年(1604)に光義の次男政光が4千7百石が分地されたことで川辺陣屋が設けられ明治維新まで領主として歴任しています。又、飛騨川舟運の川湊としても多くの物資が集められ、特に木材の集積地としても重きをなしました。

川辺町・町並み:写真

川辺町:町並み 川辺町:町並み 川辺町:町並み 川辺町:町並み 川辺町:町並み

川辺町・神社・寺院・古民家・城郭

阿夫志奈
阿夫志奈神社
阿夫志奈神社
太部古天
太部古天神社
太部古天神社
太部神社
太部神社
太部神社
川辺陣屋
川辺陣屋
川辺陣屋
位牌堂
妙雲寺(大島家位牌堂)
大島家位牌堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。