美濃市・歴史・観光・見所

  岐阜県:歴史・観光・見所>美濃市

概要・歴史・観光・見所
美濃市概要: 現在の美濃市の町並みは慶長5年(1600)の関が原の戦いで功があった高山城城主金森長近が計画したものが基礎になっているとされています。長近は小倉山城を築き隠居城とし城下には郡上街道や牧谷街道、岐阜街道、津保街道、関街道といった街道を引き込み、長良川舟運の川湊である上有知湊を整備しています。各街道から城下町に入る際には清泰寺や宝勝院、円通寺などの主要寺院を配置し防衛的な配慮も現在に受け継がれています。慶長16年(1611)、2代長光が幼少で死去したことで上有知藩は廃藩となり小倉山城は廃城となりましたが、新たに幕府の代官所が設けられ、周囲の行政的、経済的中心地として維持されました。得の享保8年(1723)の大火以降、防火施設としてウダツを設ける町屋が増え、いつしか富の象徴として本ウダツを掲げる豪商の町屋が軒を連ねるようになりました。現在も今井家住宅小坂家住宅卯建連棟家屋など古い町屋建築が町並みを形成し、江戸時代初期に計画された町割りが残る遺構として大変貴重な存在である事から、名称「美濃市美濃町」、範囲約9.3haが国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

美濃市・町並み:写真

美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み
美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み
美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み
美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み 美濃市:町並み

美濃市・神社・寺院・古民家・城郭

小倉山城
小倉山城
小倉山城
小坂家住宅
小坂家住宅
小坂家住宅
今井家住宅
今井家住宅
今井家住宅
渡船場灯台
渡船場灯台(上有知湊)
渡船場灯台
清泰寺
清泰寺
清泰寺
大矢田神社
大矢田神社
大矢田神社
鹿苑寺
鹿苑寺
鹿苑寺
真木神社
真木神社
真木神社
八幡神社
八幡神社
八幡神社
美濃橋
美濃橋
美濃橋
関産業会館
旧美濃産業会館
旧美濃産業会館
宝勝院
宝勝院(旧有知学校校舎)
宝勝院
円通寺
円通寺
円通寺
長近の松
長近の松
長近の松
 
白
 

スポンサーサイト

岐阜県:市町村・観光
中津川市 馬籠宿
恵那市 瑞浪市
土岐市 多治見市
可児市 御嵩町
美濃加茂市 川辺町
八百津町 関市
各務原市 岐阜市
美濃市 養老町
大垣市 垂井町
関ヶ原町 池田町
神戸町 北方町
大野町 本巣市
下呂市 郡上市
高山市 飛騨市
恵那市:明智町 恵那市:岩村町
揖斐川町


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。