池田町・歴史・観光・見所

  岐阜県:歴史・観光・見所>池田町

概要・歴史・観光・見所
池田町概要: 池田町は古くから開けていた地域で、願成寺古墳群には5世紀後半から7世紀後半に築造された円墳が111基確認され岐阜県内では最大級の群集墳とされています。又、周囲には願成寺古墳群以外でも300基以上の円墳が点在し当時の池田町は特異な存在だったと思われます。室町時代に入ると美濃国守護職土岐頼清の三男頼忠が領主となり本郷城を築き、子である頼益は地名から池田氏を名乗ります。その後、土岐氏の家臣である国枝大和守為助が城主となり以後、6代にわたり国枝氏が支配します。関ヶ原の戦いで当時の領主修理亮政森が西軍に組した織田信秀に従った為、岐阜城攻略の際、共に焼き払われています。江戸時代に入ると尾張藩領、大垣藩領、天領と分割され明和3年(1766)には大垣藩による増税に抗議して農家3000人の大一揆が発生し多くの犠牲が出ています。

池田町・町並み:写真

池田町:町並み

池田町・神社・寺院・古民家・城郭

安国寺
安国寺
安国寺
禅蔵寺
禅蔵寺
禅蔵寺
願成寺古墳
願成寺古墳
願成寺古墳
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。