関市・歴史・観光・見所

  岐阜県:歴史・観光・見所>関市

概要・歴史・観光・見所
関市概要: 関市は古くから美濃路、飛騨路、奥美濃路が交差する交通の要衝として知られ、景行天皇は武芸国造に命じて関所を設けたことから関の地名の由来になったと云われています。白鳳時代(645〜710年)には美濃国の豪族である毛津氏が弥勒寺を建立し、さらに居館が官衙的な役割を果たした為、周辺地域の行政、文化の中心として発展しました。又、刀匠の里としても知られ鎌倉時代に九州からこの地に土着した元重が関鍛冶の祖となり、以来その技が受け継がれ多くの名工が輩出されています。

関市・町並み:写真

関市:町並み 関市:町並み 関市:町並み 関市:町並み 関市:町並み
関市:町並み 関市:町並み 関市:町並み 関市:町並み 関市:町並み
関市:町並み 関市:町並み 関市:町並み 関市:町並み 関市:町並み

関市・神社・寺院・古民家・城郭

関善光寺
関善光寺
関善光寺
千手院
千手院
千手院
弁慶庵
弁慶庵
弁慶庵
新長谷寺
新長谷寺
新長谷寺
豆木地蔵
豆木地蔵(法然寺)
豆木地蔵
春日神社
春日神社
春日神社
蓮華寺
蓮華寺
蓮華寺
梅龍寺
梅龍寺
梅龍寺
小松寺
小松寺
小松寺
迫間不動尊
迫間不動尊
迫間不動尊
日龍峰寺
日龍峰寺
日龍峰寺
元重翁之碑
元重翁之碑
元重翁之碑
武芸八幡宮
武芸八幡宮
武芸八幡宮
豊川閣
松雲院豊川閣
松雲院豊川閣
塚原遺跡
塚原遺跡
塚原遺跡
円空入定塚
円空入定塚
円空入定塚
弥勒寺
弥勒寺
弥勒寺
弥勒寺跡
弥勒寺跡
弥勒寺跡
弥勒寺官衙
弥勒寺官衙遺跡
弥勒寺官衙遺跡
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。