関市: 弥勒寺

  岐阜県:歴史・観光・見所関市:観光・観光・見所>弥勒寺

概要・歴史・観光・見所
弥勒寺(関市)概要: 龍華山弥勒寺は岐阜県関市池尻に境内を構えています。弥勒寺は白鳳時代(645〜710年)に身毛津氏(美濃国の豪族)の氏寺として創建されたのが始まりと伝えられています。戦国時代末期、織田信長の兵火により堂宇が焼失し一時衰退しましたが、元禄2年(1689)に円空が再興し三井寺(滋賀県大津市)の末寺になっています。元禄8年(1695)、円空は当寺で死去したとされ、境内には墓が残されています。当時は数百体の円空仏と円空画像を所持していましたが大正9年(1920)の火災で堂宇共々焼失し、現在は阿弥陀如来、聖観音、不動明王、秋葉神の4体のみとなり本堂も再建されています。本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行6間、張間6間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。境内一円は古代、当地域(武儀郡)の行政機関である官衙の跡地とされ、名称「弥勒寺官衙遺跡群」として国指定史跡に指定されています。山号:龍華山。宗派:天台寺門宗。本尊:弥勒菩薩。

弥勒寺:写真

弥勒寺
[ 付近地図: 岐阜県関市 ]・[ 関市:歴史・観光・見所 ]
弥勒寺 弥勒寺 弥勒寺 弥勒寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。