関市: 弥勒寺跡

  岐阜県:歴史・観光・見所関市:観光・観光・見所>弥勒寺跡

概要・歴史・観光・見所
弥勒寺跡(関市)概要: 弥勒寺跡は岐阜県関市池尻に位置しています。弥勒寺は白鳳時代(645〜710年)に身毛津氏(美濃国の豪族)の氏寺として創建されたのが始まりと伝えられています。伽藍は法起寺式で境内には講堂(基壇:24m×14m・桁行5間・梁間2間)、塔(基壇:11.5m×11.5m・五重塔・桁行3間・梁間3間)、金堂(基壇:14.88m×12.42m・桁行10.09m・梁間8.18m)、南門、回廊などの建物が軒を連ねていました。戦国時代末期、織田信長の兵火により堂宇が焼失し一時衰退しましたが、元禄2年(1689)に円空が再興し三井寺(滋賀県大津市)の末寺になっています。周囲には弥勒寺官衙遺跡(弥勒寺東遺跡)や弥勒寺西遺跡などがあり、当時の地方行政機関の遺跡が明瞭に残っている極めて稀な遺例として国指定史跡に指定されています。

弥勒寺跡:写真

弥勒寺跡
[ 付近地図: 岐阜県関市 ]・[ 関市:歴史・観光・見所 ]
弥勒寺跡 弥勒寺跡 弥勒寺跡 弥勒寺跡
弥勒寺跡 弥勒寺跡 弥勒寺跡 弥勒寺跡


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。