関市: 元重翁之碑

  岐阜県:歴史・観光・見所関市:観光・観光・見所>元重翁之碑

概要・歴史・観光・見所
元重翁之碑(関市)概要: 元重翁之碑は岐阜県関市西日吉町に境内を構えている千手院にあります。元重翁之碑この碑は大正4年(1915)、関鍛冶の祖とされる元重の偉業を讃え建立されたものです。元重は元々は九州に住んでいたとされますが、鎌倉時代末期、刀鍛冶を極める為この地を永住の地と定め、ひたすら刀を追求し、後に「関伝」とまで言われるようになり、戦国時代には多くの武将達が関の刀を求め隆盛したそうです。当時、刀鍛冶の流派が数多く存在しましたが、現在残されているのは関伝だけで、中世からの伝統や技法が今に受け継がれています(※千手院は元重の娘婿である千手院包永が開基となり開いたと伝えられています)。

元重翁之碑:写真

元重翁之碑
[ 付近地図: 岐阜県関市 ]・[ 関市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。