関市: 小松寺

  岐阜県:歴史・観光・見所関市:観光・観光・見所>小松寺

概要・歴史・観光・見所
小松寺(関市)概要: 小松寺は岐阜県関市西田原に境内を構えています。小松寺の創建は承安3年(1173)、小松内大臣平重盛(平清盛の子)が全国の各国に1ヶ寺づつ建立した護国寺として開かれたのが始まりと伝えられています。平家が滅亡すると、源頼朝が修業道場としたことで寺運が隆盛しています。その後、衰退しましたが江戸時代初期に潮音道海禅師が再興し黄檗宗に改宗しています。潮音道海禅師は黄檗宗の高僧として知られ、「摧邪輪」、「坐禅論」、「霧海南針」など様々な著書を書き上げ、館林藩主時代の徳川綱吉(後の5代将軍)に招かれ万徳山広済寺の住職となり、関市では臨川寺を開山するなどの功績をあげています。中濃八十八ヶ所霊場第81番札所。山号:大慈山。宗派:黄檗宗。本尊:十一面観世音菩薩。

小松寺:写真

小松寺
[ 付近地図: 岐阜県関市 ]・[ 関市:歴史・観光・見所 ]
小松寺 小松寺 小松寺 小松寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。