美濃市: 小倉山城

  岐阜県:歴史・観光・見所美濃市:観光・観光・見所>小倉山城

概要・歴史・観光・見所
小倉山城(美濃市)概要: 小倉山城は慶長5年(1600)の関が原の戦いで功があった高山城の城主金森長近が築いた城です。長近は豊臣政権下で飛騨国を統一し、関が原の戦いで東軍として行動したことで新たに上有知領2万石が加増されました。高山城(岐阜県高山市)を養子である可重に譲ると自らは新領地である上有知に移り小倉山城を築きました。小倉山城は小倉山山頂部にも築かれたとされますが、実際の政務は山麓の居館部分で行われ、石垣が設けられたものの比較的小規模の城でした。慶長12年(1607)、長近が死去すると、本藩である高山藩から2万石が分知され長近の実子である金森長光が新たに上有知藩の藩主となりますが、長光は幼少で後継がなく慶長16年(1611)に死去した事で断絶となり小倉山城は廃城となりました。その後、幕府の天領となり小倉山城の跡地に代官所が設けられています。現在は麓部に模擬櫓、山頂には天守閣風の展望台が建てられています。

小倉山城:写真

小倉山城
[ 付近地図: 岐阜県美濃市 ]・[ 美濃市:歴史・観光・見所 ]
小倉山城 小倉山城 小倉山城 小倉山城
小倉山城 小倉山城 小倉山城 小倉山城

スポンサーサイト

美濃市:周辺・見所
円通寺 美濃橋
八幡神社 旧有知学校校舎
今井家住宅 小坂家住宅
真木倉神社 長近の松
小倉山城 大矢田神社
清泰寺 旧美濃産業会館
鹿苑寺 旧上有知湊


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。