北方町: 西順寺(時の太鼓)

  岐阜県:歴史・観光・見所北方町:観光・観光・見所>西順寺(時の太鼓)

概要・歴史・観光・見所
西順寺(時の太鼓)概要: 西順寺は岐阜県本巣郡北方町清水に境内を構えています。西順寺の創建は文応元年(1260)、明海が開山したのが始まりと伝えられています。境内にある「時の太鼓」は案内板によると「 時の太鼓は、元禄10年(1699)北方の領主旗本戸田光賢公(5千石)が将軍綱吉に見事な馬術を披露したことからその恩賞として冠木門・鮫鞘の三間槍とともに将軍家より特に許されたものです。太鼓は、直径90センチ・胴回り3.3メートル・胴長1.6メートルと大きなもので、その打ち方は、御三家(水戸・尾張・紀州)しか許されなかったものです。明治の初めに本町より現在の場所に移転されました。 北方町教育委員会 」とあります。時の太鼓は昭和30年(1955)に北方町重要文化財に指定されています。板額は江戸時代中期の元禄11年(1698)に歴史学者である保井(渋川)春海が日本書紀や延喜式についての話を記し制作したもので、横115cm、縦35cm、民俗資料として価値が高い事から昭和30年(1955)に北方町指定有形民俗文化財に指定されています。宗派:浄土真宗本願寺派。

西順寺:写真

西順寺(時の太鼓)
[ 付近地図: 岐阜県北方町 ]・[ 北方町:歴史・観光・見所 ]
西順寺(時の太鼓) 西順寺(時の太鼓) 西順寺(時の太鼓) 西順寺(時の太鼓)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。