恵那市: 恵那峡

  岐阜県:歴史・観光・見所恵那市:観光・観光・見所>恵那峡

概要・歴史・観光・見所
恵那峡(恵那市)概要: 「恵那峡」の名称は大正9年(1920)、世界的な地理学者だった志賀重昂氏によって命名されています。恵那峡恵那峡は木曽川中流の渓谷で、大井ダムによってできた人造湖ですが周囲の景観と人工の建造物が調和し恵那峡県立自然公園の中枢を成しています。元々は木曽川の急流によって形成された渓谷美が見られましたが、福澤諭吉の婿養子である福澤桃介が電気事業に乗り出し、木曽川の豊富な水量と渓谷の地形を生かしたダムにより水力発電の開発を行い、現在見られるような景観となりました。大井ダムは日本最初のダム式発電所で高さ55.7m、幅275.7m、大正10年(1921)から大正13年(1924)にかけて造られ木曽川に12キロに及ぶ巨大なダムが出現しました。両壁には鏡岩、傘岩、屏風岩、軍艦岩、獅子岩などの奇岩、怪石が続き春の桜や秋の紅葉、初夏の新緑が湖面に映え多くの観光客が訪れます。

恵那峡:写真

恵那峡
[ 付近地図: 岐阜県恵那市 ]・[ 恵那市:歴史・観光・見所 ]
恵那峡 恵那峡 恵那峡 恵那峡
恵那峡 恵那峡 恵那峡 恵那峡


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。