神戸町: 密厳寺(勧学院)

  岐阜県:歴史・観光・見所神戸町:観光・観光・見所>密厳寺(勧学院)

概要・歴史・観光・見所

密厳寺(勧学院)概要: 密厳寺勧学院は岐阜県安八郡神戸町下宮に境内を構えている天台宗の寺院です。神護寺(善学院)とは同様な由来を持ち、弘仁8年(817)に当地を支配していた安八太夫安次が天台宗の開祖である伝教大師最澄に篤く帰依し創建されたと伝わる寺院で、鎮守社でもある日吉神社下社の別当寺院として寺運が隆盛しました。

室町時代の大永4年(1524)の火災により多くの堂宇、記録、寺宝などが焼失しましたが、その後再建されています。所謂、神仏習合の形態を明治維新まで続け、神仏分離令を経て寺院として独立しています。往時の日吉神社は歴代領主から信仰されていた事もあり、現在も数多くの文化財を所有しています。

密厳寺勧学院の寺宝である彩箋墨書法華経は菅原道真真筆とされ、往時は境内に建立されていた多宝塔に納められていましたが、室町時代の火災で多宝塔が焼失したとみられ、法華経の一部も失われています。彩箋墨書法華経は一部失われているものの岐阜県では類例を見ない豪華な装飾経として貴重な事から昭和46年(1971)に岐阜県指定文化財に指定されています。宗派:天台宗。本尊:釈迦如来。

岐阜県指定重要文化財
・ 彩箋墨書法華経・沈金彫経箱(天文7年:1538年)・佛器(鎌倉時代,6種)

神戸町指定重要文化財
・ 密厳寺本堂跡・大阿闍梨良信大和尚の墓・御籖版木・九重版木・唐版法華経・伝一品親王公寛御筆・虫食い和歌・慶長検地文書・壺・消し壺・香炉・梵鐘・喚鐘・説相箱・磬・華鬘・鰐口・四足門・三宝荒神明王図・千手観音菩薩像・蟇股・釈迦如来像・元三大師像

【 参考:文献等 】
・ 現地案内板

密厳寺:写真

密厳寺境内正面に設けられた山門と石造寺号
[ 付近地図: 岐阜県神戸町 ]・[ 神戸町:歴史・観光・見所 ]
密厳寺山門から見た境内の様子 密厳寺の境内に植樹された植栽から垣間見える本堂 密厳寺宝物庫と思われる弁柄色の建物 密厳寺の歴史を刻む鐘楼と梵鐘


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。