養老町: 妙見堂

  岐阜県:歴史・観光・見所養老町:観光・観光・見所>妙見堂

概要・歴史・観光・見所
妙見堂(養老町)概要: 日蓮宗身延山別院妙見堂の創建は明治15年(1882)、岐阜県県令小崎利準氏が日鑑上人(身延山久遠寺法王)を招き堂宇を建立したのが始まりとされます。寺宝である木造釈迦如来立像は江戸時代初期の寛永年間(1630年頃)に徳川家康の側室養珠院の発願により、中正院日護上人(京都三宝院開祖)が製作したものと伝えられているもので(日護上人は一本の大木から3躯を彫刻しその1躯とされています)、寄木造、玉眼、漆箔、像高355.0cm、台座の高さ133.0cm、昭和49年(1974)に岐阜県指定重要文化財に指定されています。妙見堂の御堂は宝形造、桟瓦葺き、桁行4間、張間4間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。

妙見堂:写真

妙見堂
[ 付近地図: 岐阜県養老町 ]・[ 養老町:歴史・観光・見所 ]
妙見堂 妙見堂 妙見堂 妙見堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。