馬籠宿: 大黒屋

  岐阜県:歴史・観光・見所馬籠宿:観光・観光・見所>大黒屋

概要・歴史・観光・見所
大黒屋(馬籠宿)概要: 大黒屋は岐阜県中津川市馬籠に位置しています。大黒屋は造り酒屋を営んでいた家柄で、馬籠宿の問屋や年寄役なども勤めていました。島崎藤村の生家である馬籠宿本陣島崎家とも関係が深く、本陣最後の当主島崎正樹が東京に出てくる際、家財道具を大黒屋に売り渡したと云われています。大黒屋の幕末から明治初期の当主である大脇兵衛門信興は文政3年(1826)から明治3年(1870)まで44年間(記事数:4万2千2百余件)、「年内諸事日記帳」を書留、これが当時の馬籠宿や周辺の宿場町の様子を伝える資料として、屋号から「大黒屋日記」と呼ばれるようになりました。島崎藤村の小説「夜明け前」は「大黒屋日記」に大きな影響を受け、又、藤村の初恋の人とされるおゆうさんの実家が大黒屋でもあった為、「夜明け前」では伏見屋として登場しています。

大黒屋:写真

大黒屋
[ 付近地図: 岐阜県中津川市 ]・[ 中津川市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。