垂井町: 専精寺

  岐阜県:歴史・観光・見所垂井町:観光・観光・見所>専精寺

概要・歴史・観光・見所
専精寺(垂井町)概要: 専精寺は平安時代の天安2年(858)、当時の天台宗の専精寺高僧として知られる慈覚大師円仁により開かれたと伝えられています。当初は天台宗の寺院で普門山善相院と号し、勅願寺として寺運が隆盛しましたが、その後衰微し、鎌倉時代末期の元享3年(1328)に覚如上人(本願寺3世)が関東下向の際に当寺を訪れ住職が感化され浄土真宗に改宗し、寺号を「普門山専精寺」に改めています。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの兵火により堂宇が焼失し大きな被害を出しています。江戸時代中期の享保12年(1727)に現在地に境内を遷し堂宇が再建されています。専精寺山門は入母屋、桟瓦葺き、三間一戸、長屋門形式、外壁は大壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り縦押縁押え。本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行9間、正面1間向拝付き。境内は垂井城の城跡と推定されています。山号:普門山。宗派:浄土真宗本願寺派。本尊:阿弥陀如来。

専精寺:写真

専精寺
[ 付近地図: 岐阜県垂井町 ]・[ 垂井町:歴史・観光・見所 ]
真禅院 真禅院 真禅院 真禅院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。