恵那市明智町: 龍護寺

  岐阜県:歴史・観光・見所恵那市明智町:観光・観光・見所>龍護寺

概要・歴史・観光・見所

龍護寺(恵那市明智町)概要: 大明山龍護寺は岐阜県恵那市明智町に境内を構えている臨済宗妙心寺派の寺院です。龍護寺の創建は不詳ですが室町時代後期の大永元年(1521)には既に塔仙坊に楞厳院という草庵があり、柏庭和上が住んでいたと伝えられています。慶長元年(1596)、当時の明智城城主遠山利景は、城から見て北方向にあるこの地に自らを葬る事で、城の守護とする為、寺号を龍護寺に改め、歴代遠山家の菩提寺としました。

本堂西側には中世から支配した明智遠山家累代の墓と戦国時代分家だったものの、徳川家に仕え関が原の戦い後、明智の地に遠山家復権させた遠山利景以下歴代旗本遠山家歴代の墓が並んでいます。

尚、旗本遠山家の分家から遠山金四郎(名奉行で遠山の金さんのモデルになった人物)を輩出し、業績を称えて合祀されていると伝えられています。明智遠山家は明智光秀の遠縁に当る血筋とされ、ある夜、光秀の家臣を名乗る落ち武者が現れ主君の永代供養を乞うて光秀愛用の直垂を残したと伝えられています。その時建立されたものかは不明ですが境内には光秀の供養塔と伝わる碑が建立されています。

龍護寺山門は切妻、桟瓦葺(鯱付)、一間一戸、薬医門。本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行5間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造白漆喰仕上げ、外観はシンプルな構成、内部の内陣には本尊となる釈迦如来如来像が安置されています。達磨堂は木造平屋建て、宝形造、桟瓦葺き、桁行2間、梁間2間、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、内部には 北辰妙見達磨が安置されています。恵那三十三観音霊場第18番札所瀧坂山観音寺の札所本尊聖観世音菩薩を管理しています。山号:大明山。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:釈迦如来。

【 参考:サイト 】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
【 参考:文献等 】
・ 現地案内板

龍護寺:写真

龍護寺境内正面の石柱山門と石碑
[ 付近地図: 岐阜県恵那市 ]・[ 恵那市明智町:歴史・観光・見所 ]
龍護寺参道にある山門と石造寺号標 龍護寺山門から見た境内の様子、参道の両側に 龍護寺本堂右斜め正面と石造多層塔 龍護寺に時を告げる鐘楼と梵鐘
龍護寺本堂から見た庫裏と手入れされてる芝 龍護寺境内に設けられた達麿堂 龍護寺を菩提寺とした遠山家の墓域 龍護寺と関係が深いとされる明智光秀の霊廟


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。