揖斐川町: 華厳寺

  岐阜県:歴史・観光・見所揖斐川町:観光・観光・見所>華厳寺

概要・歴史・観光・見所
華厳寺(揖斐川町)概要: 谷汲山華厳寺は岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積に境内を構えています。華厳寺の創建は延暦17年(798)、奥州白河の豪族大口大領が豊然上人を招いて開山したのが始まりと伝えられています。大口大領は十一面観音像を得る為、修行に励んでいた所、御告げにより1本の霊木を得ます。京で霊木から彫り込まれた十一面観音像を奥州に持ち帰る途中、急に像が重くなり動かなくなり、不思議に思い十一面観音像に訊ねると近くに油が湧き出る霊地があり祀ってほしいと告げられました。すると急に像が軽くなった為、神意と悟り、御告げになった場所に堂宇を建立し十一面観音像を安置したと伝えられています。延暦20年(801)に桓武天皇の勅願寺となり、さらに延喜17年(917)に醍醐天皇が境内から油が湧き出ている話を聞き「谷汲山」の山号と「華厳寺」の扁額を下賜しています。天慶7年(944)に朱雀天皇が勅願所とし寺領1万5千石と仏具を寄進すると寺運が隆盛し、寛和2年(968)には花山法皇が西国三十三箇所霊場第三十三番札所の満願所と定めると多くの巡礼者が訪れるようになりました。建武元年(1334)、南北朝の動乱の兵火により多くの堂宇が焼失し衰退しますが文明11年(1479)、後土御門天皇の勅命により薩摩国(現在の鹿児島県)慈眼寺住職道破拾穀上人が再興しています。西国三十三所観音霊場 三十三番札所。東海白寿三十三観音霊場 三十三番札所。東海三十六不動尊霊場 三十三番札所 。宗派:天台宗。本尊:十一面観世音菩薩(秘仏)。

華厳寺の文化財: 華厳寺の寺宝である木造毘沙門天像は平安時代初期(9世紀)に本尊の脇侍として制作されたもので木造彩色、桧材、一木造り、像高168.2cm、国内の毘沙門天像の中でも特異な意匠として貴重な事から国指定重要文化財に指定されています。絹本著色三十三所観音像は鎌倉時代に製作され西国三十三所観音霊場の各札所の本尊が描かれたもので、縦約2m、横約2m、当時の山水画として最大級で大変貴重なものとされ国指定重要文化財に指定されています。

華厳寺の堂宇: 華厳寺山門(仁王門)は宝暦年間(1751〜1764年)に再建されたもので、入母屋、銅板葺、三間一戸、八脚2重楼門、内部には鎌倉時代に製作された金剛力士像が安置されています。本堂は豪泰法印が願主となり明治8年(1875)に起工し明治12年(1879)に竣工したもので、入母屋、瓦葺、平入、桁行5間、梁間4間、正面1間向拝付、内部には本尊である十一面観世音菩薩(秘仏)の他、脇侍である不動明王像と毘沙門天像が安置されています。

華厳寺の御詠歌
・ 万世の 願いをここに 納めおく 水は苔より 出る谷汲 (過去)
・ 世を照らす 仏のしるし ありければ まだともしびも消えぬなりけり(現在)
・ 今までは 親と頼みし 笈摺を 脱ぎて納むる 美濃の谷汲(未来)

華厳寺:写真

華厳寺
[ 付近地図: 岐阜県揖斐川町 ]・[ 揖斐川町:歴史・観光・見所 ]
華厳寺 華厳寺 華厳寺 華厳寺 華厳寺
華厳寺 華厳寺 華厳寺 華厳寺 華厳寺
華厳寺 華厳寺 華厳寺 華厳寺 華厳寺
華厳寺 華厳寺 華厳寺 華厳寺 華厳寺

スポンサーサイト

揖斐川町:周辺・見所
一心寺 弁慶の腕試し石
華厳寺 松林寺
三輪神社 揖斐西尾城
月桂院 横蔵寺
瑞巌寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。