揖斐川町: 横蔵寺

  岐阜県:歴史・観光・見所揖斐川町:観光・観光・見所>横蔵寺

概要・歴史・観光・見所
横蔵寺(揖斐川町)概要: 両界山横蔵寺は岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原に境内を構えている天台宗の寺院です。横蔵寺の創建は延暦20年(801)、桓武天皇の勅願により当地の長者である三輪次太夫藤原助基が開基となり伝教大師最澄が開山したのが始まりとされます(創建年には諸説あり、延暦20年、延暦22年、延暦24年説があります)。伝承によると、最澄は比叡山延暦寺(滋賀県大津市坂本)の本尊である薬師如来像と同じ霊木からもう1躯の薬師如来像を彫刻し、それを背負って全国を巡錫し、当地に差し掛かると笈が横になったまま動かなかったことから、霊地と悟り寺号を「横蔵寺」に定め、本尊としたと伝えられています。以来、寺運が隆盛し最盛期には38坊、300余の末寺を擁する大寺となりましたが元亀2年(1571)、織田信長の兵火により多くの堂宇が焼失しその後衰退します。同じく比叡山延暦寺も織田信長の焼き討ちにより焼失した為、天正13年(1585)、比叡山が再興されると後陽成天皇の勅願により横蔵寺の本尊が移されたとも伝えられています。

江戸時代に入ると横蔵寺は徳川家康に庇護され寺領が寄進されると次第に寺運を持ち直し円山の頂上付近から現在地に境内を移し寛永年間(1624〜1644年)には三重塔(三重塔婆、高さ17m、方3間、檜皮葺、高欄付、岐阜県指定重要文化財)、寛文年間(1661〜1673年)には本堂(木造平屋建て、入母屋、檜皮葺、平入、桁行5間、梁間5間、正面1向拝付、外壁は真壁造板張り、岐阜県指定重要文化財)、仁王門(八脚楼門、三間一戸、桁行3間、張間2間、入母屋、檜皮葺、上層部鐘撞堂、高欄付き、外壁は真壁造板張り、下層部に木造金剛力士立像安置、岐阜県指定重要文化財)、庫裏などが再建されました。又、舎利堂には横蔵出身の妙心法師の舎利仏(ミイラ)が祀られています。西美濃三十三霊場第1番札所(満願寺・札所本尊:十一面観音)。宗派:天台宗。本尊:薬師如来。

横蔵寺には寺宝が多く木造薬師如来坐像(鎌倉時代後期、像高87.7cm、桧材、寄木造)、木造大日如来坐像(寿永2年:1183年、像高68cm、桧材、寄木造、元は三重塔に安置)、木造四天王立像(室町時代、像高75cm程、寄木造、彩色、持国天・増長天・広目天・多聞天の4躯)、木造十二神将立像(平安時代から室町時代、像高90cm程、寄木造、彩色、12躯)、木造深沙大将立像(平安時代、像高175.5cm、くすのき材、一木造、彩色)、木造金剛力士立像(鎌倉時代、建長8年:1256年、像高2.08m程、寄木造、彩色、定慶等作)、板彫法華曼荼羅(平安時代後期、縦19.0cm、横16.0cm、厚1.5cm)が国指定重要文化財に指定されています。

横蔵寺:写真

横蔵寺境内正面に設けられた山門(楼門・仁王門)
[ 付近地図: 岐阜県揖斐川町 ]・[ 揖斐川町:歴史・観光・見所 ]
横蔵寺石段から見上げた山門(楼門・仁王門)と左右の土塀 横蔵寺境内から見た本堂正面と石燈篭 横蔵寺境内から見上げた本堂左側面と石垣 横蔵寺境内に建立されている荘厳な三重塔
横蔵寺境内に建立されている観音堂 横蔵寺舎利堂、妙心上人の舎利仏(ミイラ)が安置 横蔵寺庫裏と客殿への入り口である寺門 横蔵寺客殿と唐破風の玄関屋根
横蔵寺医王橋と石垣、青々としたモミジ 横蔵寺医王橋と石段と石垣 横蔵寺石垣と土塀 横蔵寺弁天池と弁財天


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。