松霞堂(可児家住宅)

  岐阜県:歴史・観光・見所中山道(美濃路)中津川宿>松霞堂(可児家住宅)

概要・歴史・観光・見所
松霞堂(可児家住宅)概要: 可児家は元苗木藩の藩士だった家柄で、江戸時代には米屋を営んできました。現在の建物は、木造2階建、切妻、平入、桟瓦葺、街道側1階には下屋を設け、屋根裏部屋では賭博場になっていたそうです。敷地背後は川上川(中津川)に接している為、傾斜地になっており、川の氾濫に備えて石垣を積み敷地の形状を利用して米を挽いていたと言われています。又、屋号である松霞堂は裏庭にある推定樹齢150年の老松に霞がかかった様から名付けられたそうです。街道は松霞堂を基点として直角に曲り所謂枡形になっていて正面から見るとアイストップとなり印象的な景観を構成しています。

松霞堂:写真

松霞堂(可児家住宅)
[ 付近地図: 岐阜県中津川市 ]・[ 中津川市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。