萩原諏訪城

  岐阜県:歴史・観光・見所(ホーム)飛騨街道(越中街道・鰤街道)下呂市萩原町>萩原諏訪城

概要・歴史・観光・見所

萩原諏訪城(下呂市萩原町)概要: 萩原諏訪城は岐阜県下呂市萩原町萩原に位置する城郭です。萩原諏訪城は天正13年(1585)に飛騨国領主となった金森長近が築いたものです。

長近は高山城を本城と定め増島城と萩原諏訪城を支城として領内の経営を行いました。

萩原諏訪城の築城に至っては、元飛騨国主だった三木氏の持城だった桜洞城を廃城とし、城地に鎮座していた諏訪神社を遷座、旧境内部分を本丸、南側に二の丸、東側に三の丸を配置し飛騨川を利用して周囲に水堀を設けました。本丸には東西南北の4ヶ所に隅櫓が設けられ、南と西に虎口門を配し主要部分には石垣を用いました。

元和5年(1619)、一国一城令発令後増島城と共に廃城になりましたが、萩原諏訪城は飛騨高山藩の重要拠点の位置づけは変わらず、3代藩主金森重頼の計らいにより金森家の旅館として事実上城郭として維持されました。

しかし、元禄5年(1692)、6代藩主金森頼時の代に上山城(山形県上山市)に移封になり元禄8年(1695)に高山城が廃城、宝永6年(1709)に旅館も取り壊しになりました(その後、築城の際遷された諏訪神社が本丸跡に再遷座されました)。

現在も本丸周辺の石垣や空掘などの遺構が比較的よく残っており昭和41年(1966)に岐阜県指定史跡に指定されています。又、城内にある「臥竜のフジ」は根本幹周1.5m、最大幹周2.5mあり昭和45年(1970)に岐阜県指定天然記念物に指定されています。

【 参考:サイト 】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
【 参考:文献等 】
・ 現地案内板-萩原町教育委員会

萩原諏訪城:写真

萩原諏訪城本丸南虎口から撮影した櫓台の石垣
[ 付近地図: 岐阜県下呂市萩原町 ]・[ 下呂市:歴史・観光・見所 ]
萩原諏訪城の本丸の南側の空堀 萩原諏訪城本丸南東の櫓台の石垣と空堀 萩原諏訪城の櫓台の跡地に鎮座している諏訪神社の摂社の祠 萩原諏訪城東の太鼓橋付近の石垣台に鎮座している諏方稲荷社
萩原諏訪城櫓台の石垣を撮影した画像 萩原諏訪城石垣と堀の様子を写した写真 萩原諏訪城の城跡に設けられた城名が刻まれた石碑 萩原諏訪城の石垣と石段を撮った画像


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。