道標(落合宿)

  岐阜県:歴史・観光・見所中山道(美濃路)落合宿>道標

概要・歴史・観光・見所
道標(落合宿)概要: 明治時代中期、落合宿の枡形付近に道標設置された道標で「右至 中山道中津町 一里」と記されています。明治24年(1891)に善昌寺の境内を横切るように新道が開削された為、T字路となり道標が必要になったと思われます。もう1つは下桁橋(落合大橋)付近にある道標で中山道と飯田道との分岐点に設置され馬頭観音や道祖神などと共に石碑群を形成しています。当時は落合川に注ぐ滝があったとされ、「滝場の馬頭観音」や「滝場の道標」などと呼ばれていました。飯田道は伊那街道(三州街道)の宿場町である駒場宿と落合宿とを結ぶ街道で、近世以前ではこちらの方か主要街道でしたが中山道が開削されると脇街道という位置付けになっています。

道標:写真

道標
[ 付近地図: 岐阜県中津川市 ]・[ 中津川市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。