落合石畳

  岐阜県:歴史・観光・見所中山道(美濃路)落合宿>落合石畳

概要・歴史・観光・見所
落合石畳(中津川市)概要: 落合石畳は信濃と美濃の国境付近、馬籠宿から落合宿の間にある十石峠(十曲嶺)付近にある石畳です。石畳の整備が始まった時期は不詳ですが傾斜地の為、特に雨が降った後はぬかるんで交通に支障が発生したり、路面の土が流されるのを防ぐ為に整備されたと思われます。文久元年(1861)、皇女和宮が江戸に下向する際には石畳の改修工事が行われましたが、明治21年(1888)に新道が木曽川沿いに開削されるなど交通網が整備されると交通量も激減し、さらに荷馬車にとって石畳は不向きだった為、破却や放置されるようになりました。近年になると殆どの石畳が見られなくなりましたが、残された3区間計70.8mが昭和39年(1964)に岐阜県指定史跡に指定され、旧状を含む約840mが復元され当時の雰囲気が感じられるようになりました。

落合石畳:写真

落合石畳
[ 付近地図: 岐阜県中津川市 ]・[ 中津川市:歴史・観光・見所 ]
落合石畳 落合石畳 落合石畳 落合石畳


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。