中津川市: 落合宿脇本陣

  岐阜県:歴史・観光・見所中山道(美濃路)落合宿>落合宿脇本陣

概要・歴史・観光・見所
落合宿脇本陣(中津川市)概要: 塚田家は代々脇本陣を勤めると共に山村方の庄屋や問屋も兼ねていた家柄です。又、高望親王(陸奥将軍)や千葉満胤の後裔と伝わる市岡半右衛門の名跡を継ぎ、市岡半右衛門が天文12年(1542)に再興し落合宿の一角に境内を構えていた高福寺を菩提寺としていたようです。市岡家は隣の宿場町である中津川本陣も担い、天正13年にはその跡を継いだと思われる市岡半右衛門が八幡神社を再建している事から相当な実力がある家だった事が窺えます。落合宿脇本陣の多くの部分は現在は建て替えられているようで、当時の名残を留めていません。

落合宿脇本陣:写真

脇本陣の跡地を撮影した画像
[ 付近地図: 岐阜県中津川市 ]・[ 中津川市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。