八百津町: 明鏡寺

  岐阜県:歴史・観光・見所八百津町:観光・観光・見所>明鏡寺

概要・歴史・観光・見所
明鏡寺(八百津町)概要: 霊光山明鏡寺は岐阜県加茂郡八百津町伊岐津志明鏡寺に境内を構えている臨済宗妙心寺派の寺院です。明鏡寺の創建は南北朝時代の文和2年(1353)、鎌倉幕府6代将軍宗尊親王の冥福を祈る為、頑石曇生(建長寺14世)が開基となり玉堂曇球が開山したのが始まりと伝えられています。当初は臨済宗建長寺派でしたが慶長10年(1605)に現在の妙心寺派に改め、江戸時代初期の寛永年間(1624〜1644年)に宝鑑国師が中興しました。現在の明鏡寺観音堂は室町時代後期に建立されたもので(伝承では貞治7年:1368年)、方3間、寄棟造、一重、茅葺、平入、内部の内陣には来迎柱が設けられ須弥壇が設置、組物や彫刻、工法など当時の寺院建築の特徴を伝える貴重なものとして昭和52年(1977)に国指定重要文化財に指定されています。木造聖観世音菩薩立像は貞治7年(1368)に彫刻されたもので、像高50.0cm、膝張36.0cm、檜材、寄木造、玉眼、保存状態が良く制作年代が明確で貴重な事から昭和33年(1958)に岐阜県指定文化財に指定されています。山号:霊光山。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:聖観音。

明鏡寺の文化財
・ 明鏡寺観音堂−室町時代後期−国指定重要文化財
・ 木造聖観世音菩薩立像−貞治7年−岐阜県指定重要文化財
・ 十六善神図−室町時代−八百津町指定文化財

明鏡寺:写真

明鏡寺
[ 付近地図: 岐阜県八百津町 ]・[ 八百津町:歴史・観光・見所 ]
明鏡寺 明鏡寺 明鏡寺 明鏡寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。