八百津町: 大舩神社

  岐阜県:歴史・観光・見所八百津町:観光・観光・見所>大舩神社

概要・歴史・観光・見所
大舩神社(八百津町)概要: 大舩神社は岐阜県加茂郡八百津町八百津に鎮座しています。大舩神社の創建は平安時代初期の大同年間(806〜809年)に権現山山頂付近に勧請されたのが始まりと伝えられています。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載された式内社で従五位下に列し、天慶年中(938〜946年)に大山明神から大舩大権現に改称しています。古くから神仏習合し、天暦年中(947〜956年)に神殿を造営し本地仏として阿弥陀如来像が安置され翌年、12社の末社を建立し宝鏡を安置しています。その後、室町時代の応永年間(1394〜1427年)に現在地に遷座し、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏教色が廃され明治4年(1871)に現在の社号である「大舩神社」に改め、明治6年(1873)に郷社に列しています。例祭の「だんじりまつり」は江戸時代中期、尾張津島神社(愛知県津島市)に習ったと伝えられています。

大舩神社の境内は神域だった為、杉や桧、樫、コウヤマキなどの古木、大木が多く面積4900uが名称「大船神社社叢」として昭和49年(1974)に岐阜県指定天然記念物に指定されています。大舩神社本殿は江戸時代中期の元禄年間(1688〜1704年)に造営されたもので、三間社流造、銅板葺き、当時の神社本殿建築の遺構として貴重な事から平成元年(1989)に八百津町指定文化財に指定されています。祭神:大舩大神。

大舩神社の文化財
・ 大舩神社社叢−岐阜県指定天然記念物
・ 大舩神社本殿並び棟札(10枚)−八百津町指定文化財
・ 刀剣−江戸時代−八百津町指定文化財
・ 和鏡−平安時代−八百津町指定文化財
・ 懸仏−平安時代−八百津町指定文化財
・ 版木−八百津町指定文化財
・ 絵馬(チャク)−八百津町指定有形民俗文化財

大舩神社:写真

大舩神社
[ 付近地図: 岐阜県八百津町 ]・[ 八百津町:歴史・観光・見所 ]
大舩神社 大舩神社 大舩神社 大舩神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。