関ヶ原町: 東首塚

  岐阜県:歴史・観光・見所関ヶ原町:観光・観光・見所>東首塚

概要・歴史・観光・見所
東首塚(関ヶ原町)概要: 東首塚は岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原字福井に位置しています。東首塚とは慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い直後、当時の領主竹中家が築いたもので、徳川家康のよって首実検された将士の首を葬り祀った供養塚です。付近には首級の血や土を洗い流した時に使用した、首洗いの古井戸や東首塚の由緒を彫り込んだ首級墳碑(関ヶ原宿年寄古山兵四郎が建立)、昭和17年(1942)に移築された山王権現社本殿(木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行3間、張間2間、木部朱塗り)、唐門(切妻、桟瓦葺き、一間一戸)があります。東首塚は昭和6年(1931)に国指定史跡に指定されています。

東首塚:写真

東首塚
[ 付近地図: 岐阜県関ヶ原町 ]・[ 関ヶ原町:歴史・観光・見所 ]
東首塚 東首塚 東首塚 東首塚


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。