関ヶ原町: 西首塚

  岐阜県:歴史・観光・見所関ヶ原町:観光・観光・見所>西首塚

概要・歴史・観光・見所
西首塚(関ヶ原町)概要: 西首塚は岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原字柴の内に位置しています。西首塚案内板によると「 関ヶ原合戦戦死者数千の首級を葬った塚である。この上に江戸時代から十一面千手観音及び馬頭観世音の堂が建てられ、附近の民衆の手によって供養がされている。 関ヶ原町教育委員会 」とあります。西首塚も東首塚と同様に当時の領主竹中重門が築造したもので、東首塚に対して「胴塚」とも呼ばれました。高さ2m・周囲約30mの塚ですが東海道線の線路を敷設する際には大量の白骨が発見され、当時は広範囲に埋葬されていたと思われます。西首塚は昭和6年(1931)に国指定史跡に指定されています。

西首塚:写真

西首塚
[ 付近地図: 岐阜県関ヶ原町 ]・[ 関ヶ原町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。