可児市: 六角堂

  岐阜県:歴史・観光・見所可児市:観光・観光・見所>六角堂

概要・歴史・観光・見所
六角堂(可児市)概要: 六角堂は岐阜県可児市兼山に境内を構えています。六角堂案内板によると「 お堂の中には立像の木造金泥塗の六地蔵尊(年代は不詳)が祭られていて、金山城の鬼門除けとして建てられたと伝わっている。周りには、石燈篭・庚申塚・御手洗石・南無阿弥陀仏の妙号碑・五輪塔等々江戸時代中期の石像が数多く配されている。石像の地蔵尊は古城山の寺ヶ峰から移されたものである。毎年7月に堤灯祭りが行われている。」とあります。六角堂は基礎から丸柱を立ち上げ、高さ1m程で床を設け、そこに六角形の小堂を建てたもので、雲形の方立や擬宝珠の高欄、格子戸などが見られます。

六角堂:写真

六角堂
[ 付近地図: 岐阜県可児市 ]・[ 可児市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。