可児市: 大通寺

  岐阜県:歴史・観光・見所可児市:観光・観光・見所>大通寺

概要・歴史・観光・見所
大通寺(可児市)概要: 大通寺は岐阜県可児市兼山に境内を構えています。大通寺の創建は永正2年(1505)、太雅和尚(大仙寺2世)が開山したのが始まりと伝えられています。享保18年(1733)、南陵和尚が中興し、現在の本堂、鐘楼、山門を再建しています。寺宝である青銅製燭台(2基)と青銅製花瓶が岐阜県指定重要文化財に金山記全集大成(上・下)、如意輪観世音菩薩像が可児市指定文化財に指定されています。大通寺が管理している戸立観音堂は嘉吉・文安(1441〜1448年)に当地方に疫病が大流行し、多くの人命が失われた折、疫病を退散させた女性を祭ったのが始まりと伝えられています。現在の戸立観音堂は、寛永19年(1642)に再建されたもので木造平屋建て、正面入母屋、背面切妻、桟瓦葺き、妻入り、桁行3間、張間3間、正面1間向拝付き、可児市指定文化財に指定されています。可児郡新四国八十八ヶ所霊場第14番札所。山号:補陀山。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:弥勒菩薩。

大通寺:写真

大通寺
[ 付近地図: 岐阜県可児市 ]・[ 可児市:歴史・観光・見所 ]
大通寺 大通寺 大通寺 大通寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。