可児市: 中川寺

  岐阜県:歴史・観光・見所可児市:観光・観光・見所>中川寺

概要・歴史・観光・見所
中川寺(可児市)概要: 中川寺は岐阜県可児市広見に境内を中川寺構えている臨済宗妙心寺派の寺院です。中川寺の創建は不詳ですが、当初は仏眼寺と称していました。その後、衰退しましたが江戸時代初期に当時の領主中川重勝が再興し、愚堂国師(臨済宗大本山妙心寺第百三十七世住持)を招いて中興開山し現在の寺号に改称しています。伝承によれば愚堂国師が雨乞いの祈祷を行ったところ、あやまって雷様の腕をちぎってしまい、供養する為、祠(夕立ちの神さま)を建立したされ、当地方で日照りが続くと、祠で雨乞いすると必ず雨が降ったと伝えられています。雨乞いの慣わしが廃れると祠も荒廃し、雷様の腕は中川寺に納められたそうです。宗派:臨済宗妙心寺派。

中川寺:写真

中川寺
[ 付近地図: 岐阜県可児市 ]・[ 可児市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。