可児市: 旧兼山小学校

  岐阜県:歴史・観光・見所可児市:観光・観光・見所>旧兼山小学校

概要・歴史・観光・見所
旧兼山小学校(可児市)概要: 旧兼山小学校は岐阜県可児市兼山に位置しています。案内板によると「 この建物は、明治18(1885)年に建てられたもので、現存する木造3階建ての小学校校舎としては日本最古のものです。当時の兼山町は、商業の町として近在近郷随一のにぎわいを見せ、「土一升、金一升」と言われたほど地価が高騰していました。そのため、山の傾斜地で狭い土地という悪条件を克服して、懸け造りの木造3階建て校舎が建てられました。学校建築としては極めて珍しく、どっしりとした風格のある校舎です。この地区にある3階倉とともに当時の事情を今に伝える貴重な建造物であり、現在は歴史民俗資料館として利用しています。 可児市教育委員会 」とあります。建物は木造3階建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り縦押縁押え、河岸段丘という特異な地形の極に建てられている為、2階に玄関が設けられています。玄関屋根は入母屋の重厚な屋根が設える格式の高いもので、3重の屋根の下層部では方立を張り出し特異な外観を作り出しています。

旧兼山小学校:写真

旧兼山小学校
[ 付近地図: 岐阜県可児市 ]・[ 可児市:歴史・観光・見所 ]
旧兼山小学校 旧兼山小学校 旧兼山小学校 旧兼山小学校


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。