可児市: 身隠山古墳

  岐阜県:歴史・観光・見所可児市:観光・観光・見所>身隠山古墳

概要・歴史・観光・見所
身隠山古墳(可児市)概要: 身隠山古墳群は岐阜県可児市広見に位置しています。身隠山古墳は御嶽古墳と白山古墳の2基の古墳から構成されている古墳群で、御嶽古墳は直径約36m(推定)、高さ4.5m(推定)の円墳で頂部には御嶽神社の小祠が鎮座しています。白山古墳は直径約42m(推定)、高さ4.5m(推定)の円墳で頂部には白山神社の小祠が鎮座しています。身隠山古墳群は古くから知られた存在で江戸時代の天保9年(1838)と安政5年(1858)、明治35年(1902)に発掘調査が行われ数多くの副葬品が出土しています。特に明治4年(1871)に御嶽古墳から発見された「四獣形鏡」は直径9.8、凸面鏡、4匹の霊獣が表現されている貴重なものとして可児市指定文化財に指定されています。身隠山古墳群は昭和32年(1957)に岐阜県指定史跡に指定されています。

身隠山古墳:写真

身隠山古墳
[ 付近地図: 岐阜県可児市 ]・[ 可児市:歴史・観光・見所 ]
身隠山古墳 身隠山古墳 身隠山古墳 身隠山古墳


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。