大垣市: 船町道標

  岐阜県:歴史・観光・見所大垣市:観光・観光・見所>船町道標

概要・歴史・観光・見所
船町道標(大垣市)概要: 道標は岐阜県大垣市船町に位置しています。案内板によると「 この道標は高さ約2mの円柱状の石製で、文政年間(1818〜1830)に大垣城下京口御門(西総門)の南、美濃路沿いに建立された。その標面には「左 江戸道」・「右 京みち」の道案内、そして上部には旅人の道中の安全を願い梵字(種子)が深く刻まれている。先の大戦で被害を受け、路傍に横たわっていたが修復され、往時の美濃路を偲ぶ貴重な民俗資料となっている。 大垣市教育委員会 」とあります。大垣の地は大垣藩の藩庁である大垣城城下町であると同時に美濃路の宿場町であり、特に舟運の拠点だった船町湊から荷物や旅人が迷わないように道標が設置されたと思われます。

船町道標:写真

船町道標
[ 付近地図: 岐阜県大垣市 ]・[ 大垣市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。