大垣城(別名:麋城・巨鹿城)

  岐阜県:歴史・観光・見所大垣市:観光・観光・見所>大垣城(別名:麋城・巨鹿城)

概要・歴史・観光・見所
大垣城(別名:麋城・巨鹿城)概要: 大垣城は室町時代、東大寺城と称し大垣氏(大井庄代官)が築城したのが始まりと伝えられています。天文4年(1535)、美濃守護職家臣宮川安定が本丸、二ノ丸を整備し、永禄4年(1561)に氏家直元が大規模な改修を加えています。大垣城は交通の要衝で戦略的にも重要視された為、豊臣政権下では天正11年(1583)に秀吉家臣である池田恒興、天正16年(1588)には一柳直末が城主となりそれぞれ整備拡張に努めています。天正17年(1589)には秀吉の甥である羽柴秀勝が入り、慶長元年(1596)には伊藤祐盛によって天守閣が築かれています。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの際には当時の大垣城の城主伊藤盛宗が西軍に付いた為、石田三成をはじめ西軍10万の拠点となりましたが、本隊が関ヶ原で敗退すると、すぐさま東軍に取り囲まれ落城しています。当初、石田三成は大垣城に籠城しようと策をたてたようですが、東軍が京都、大坂に向かう素振を見せた為、急遽関ヶ原に布陣したと推察されています。

江戸時代に入ると譜代大名で、関ヶ原の戦いの際に尾張国清洲城(愛知県清須市)の守備や石田三成の居城である近江国佐和山城(滋賀県彦根市)攻めに参加した石川康通が5万石で大垣城に入り、大垣藩を立藩、元和2年(1616)に3代石川忠総が1万石加増の上で豊後日田藩に移封になると、松平忠良が大垣藩に入封、寛永12年(1635)に戸田氏鉄が入封するとようやく安定し大垣城は戸田氏11代の居城として明治維新を迎えます。

明治6年(1873)に大垣城は廃城となり多くの建物が破却、払い下げられましたが、四重四階総塗りごめの天守閣が残され昭和11年(1936)には国宝に指定されました。しかし、昭和20年(1945)の空襲により大垣城は焼失し天守閣や残された櫓なども類焼しています。現在は当時の建物を模した天守閣や城門、櫓などが建てられ、本丸と二の丸は大垣公園として整備され、昭和31年(1956)に名称「大垣城跡」として大垣市指定史跡に指定されています。

大垣城:写真

大垣城
[ 付近地図: 岐阜県大垣市 ]・[ 大垣市:歴史・観光・見所 ]
大垣城 大垣城 大垣城 大垣城 大垣城
大垣城 大垣城 大垣城 大垣城 大垣城
大垣城 大垣城 大垣城 大垣城 大垣城
大垣城 大垣城 大垣城 大垣城 大垣城

スポンサーサイト

大垣市:周辺・見所
円通寺 八幡神社
大垣宿本陣跡 報恩寺
旧美濃国分寺跡 美濃国分寺
満福寺(墨俣宿) 船町港跡
船町道標 明台寺
奥の細道結びの地 琉球施設通行記念灯籠
正八幡宮 大垣城
住吉燈台 墨俣宿本陣
墨俣一夜城 墨俣宿
常葉神社 墨俣宿脇本陣
全昌寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。