大垣市: 船町港跡

  岐阜県:歴史・観光・見所大垣市:観光・観光・見所>船町港跡

概要・歴史・観光・見所
船町港跡(大垣市)概要: 船町港は、水門川舟運の河港で当時の大垣藩の藩庁が置かれた大垣城の城下町の物資の集積地として大変賑わった所です。船町港で集められた物資は水門川を経由して揖斐川で各地に運ばれ、逆に各地の産物が船町港から大消費地である大垣城の城下町にもたらされました。明治時代初期までは多くの物資が集められ人の輸送なども行われましたが道路や鉄道などの交通網が発達すると共に急速に衰退しました。当地は昭和31年(1956)に名称「船町港跡」として大垣市指定史跡に指定されています。又、周辺には船町港の象徴的な存在である住吉燈台や、水門川沿いに設けられた舟運船の発着所、そこに降りられる石段などが残され、奥の細道を終えた松尾芭蕉が伊勢神宮(三重県伊勢市)の遷宮祭見学の為にここから旅立った歴史的背景などから、平成26年(2014)に名称「おくのほそ道の風景地 大垣船町川湊」として国指定名勝に指定されています。

船町港跡:写真

船町港跡
[ 付近地図: 岐阜県大垣市 ]・[ 大垣市:歴史・観光・見所 ]
船町港跡 船町港跡 船町港跡 船町港跡
船町港跡 船町港跡 船町港跡 船町港跡


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。