郡上市: 円通閣

  岐阜県:歴史・観光・見所郡上市:観光・観光・見所>円通閣

概要・歴史・観光・見所
円通閣(郡上市)概要: 円通閣は慈恩寺の観音堂として創建された建物で、愛宕山山頂付近にある金比羅堂と対な関係になっています。円通閣と金比羅堂を結ぶ参道には天保10年(1839)に慈恩寺第12世月局和尚によって開眼法要された三十三体の観音菩薩石仏が安置され愛宕山西国三十三霊場として信仰されています。又、境内は慶長5年(1600)に行われた郡上八幡城の攻防戦での遠藤慶隆本陣跡で、郡上八幡城が落城すると戦勝記念として慶隆自ら桜を植えたと伝えられている「墨染めの桜」があります。

円通閣:写真

円通閣
[ 付近地図: 岐阜県郡上市 ]・[ 郡上市:歴史・観光・見所 ]
円通閣 円通閣 円通閣 円通閣


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。