恵那市岩村町: 勝川家住宅

  岐阜県:歴史・観光・見所恵那市岩村町:観光・観光・見所>勝川家住宅

概要・歴史・観光・見所
勝川家住宅(恵那市岩村町)概要: 勝川家は屋号を「松屋」と号し古くから豪商として知られ勝川家住宅岩村藩の木材や年貢米などを取り仕切り、特に江戸時代末期から隆盛したとされ藩の財政にも大きく貢献しました。現在の主屋は江戸時代後期に建てられたもので、木造2階建、切妻、平入、外壁は真壁造り、鏝仕上げ、1階2階共に出格子窓が設えられ、内部には書院や茶室、使用人部屋などがあります。明治6年(1873)、岩村城が廃城となり城内の施設が払い下げとなり、勝川家も入札に参加し多くの建物を入手したと伝えられ、現在主屋背後にある四戸前土蔵と長屋門蔵、座敷に通じる縁は岩村城の遺構とされます。

勝川家住宅は江戸時代後期の町屋建築で、数少ない岩村城の遺構として貴重な事から、四戸前土蔵(江戸時代、土蔵2階建、切妻、桟瓦葺、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は海鼠壁)、主屋(江戸時代後期)、離れ座敷(大正時代から昭和初期、木造2階建、入母屋、桟瓦葺、座敷からは中庭が眺められ、2階の女子の部屋は3方が雨戸無しのガラス戸で眺望に優れています。又、床材の一部が岩村城の用材を利用していると云われています)、土蔵(江戸時代)など5棟が平成13年(2001)に恵那市指定有形文化財(建造物)に指定されています。現在は「江戸城下町の館 勝川家」として一般公開され江戸絵や能面などが展示されています。又、勝川家住宅がある岩村町本通りは現在でも岩村城の城下町の町並みを色濃く残しており国の重要伝統的建造物群保存地区にて選定されています。

勝川家住宅:写真

勝川家住宅
[ 付近地図: 岐阜県恵那市岩村町 ]・[ 恵那市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。