飛騨市: 小萱薬師堂

  岐阜県:歴史・観光・見所飛騨市:観光・観光・見所>小萱薬師堂

概要・歴史・観光・見所
小萱薬師堂(飛騨市)概要: 小萱薬師堂は岐阜県飛騨市神岡町小萱に境内を構えています。小萱薬師堂は中世北飛騨の領主江馬氏の菩提寺だった瑞岸寺の飛び地仏堂で古くから養蚕の守り本尊として広く信仰され、寝雑薬師と呼ばれる奇祭が毎年行われ多くの信者が参拝に訪れていたそうです。小萱薬師堂は木造平屋建て、入母屋、こけら葺、平入、桁行3間、梁間3間、外壁は真壁造り縦板張り、円柱、様式や工法が15世紀中期以前である室町時代初期に建てられたと推定され岐阜県最古の木造建築物として貴重な事から昭和46年(1971)に国指定重要文化財に指定されています。又、小萱薬師堂に安置されている「懸仏」は銘文から永仁7年(1299)に製作されたもので、左兵衛尉藤原国家が大旦那、願主は覚祐、桜材、径36.5cm、厚さ3.6cm、鎌倉時代の懸仏として貴重なことから昭和36年(1961)に岐阜県指定重要文化財に指定されています。

小萱薬師堂:写真

小萱薬師堂
[ 付近地図: 岐阜県飛騨市 ]・[ 飛騨市:歴史・観光・見所 ]
小萱薬師堂 小萱薬師堂 小萱薬師堂 小萱薬師堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。