高山市: 宮地家住宅

  岐阜県:歴史・観光・見所高山市:観光・観光・見所>宮地家住宅

概要・歴史・観光・見所
宮地家住宅(高山市)概要: 宮地家住宅は岐阜県高山市大新町2丁目に位置しています。宮地家は古くから酒屋や米屋を営んでいた家柄で養蚕業や農業なども生業としてきました。案内板によると「 宮地家は、江戸時代に国府町宮地から高山城下に移住。宮地屋という屋号で明治時代に米屋、酒屋などの商売を営みながら、田畑を所有し、半農半商的な生業を行っていた。 「古い町並」八幡地区 」とあります。現在の主屋は明治8年(1875)の大火で焼失後再建されたもので、木造2階建、切妻、平入、金属板葺、桁行3.5間、梁間6間、外壁は真壁造り鏝仕上げ、2階は格子戸、1階は出格子、敷地奥には中庭をかいして江戸時代中期に建てられた土蔵があり、さらに奥には作事用の農具庫が配置されています。宮地家住宅は小規模ながら明治時代初期の町屋建築の標準的な意匠や間取りを継承した貴重な建物である事から平成12年(2000)に高山市指定文化財に指定されています。現在は一般公開され、内部には資料等が展示されています。

宮地家住宅:写真

宮地家住宅
[ 付近地図: 岐阜県高山市 ]・[ 高山市:歴史・観光・見所 ]
宮地家住宅 宮地家住宅 宮地家住宅 宮地家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。