高山市: 飛騨天満宮

  岐阜県:歴史・観光・見所高山市:観光・観光・見所>飛騨天満宮

概要・歴史・観光・見所
飛騨天満宮(高山市)概要: 飛騨天満宮は岐阜県高山市天満町2丁目に鎮座している神社です。飛騨天満宮の創建は平安時代の延喜3年(903)、菅原兼茂(菅原道真3男)が飛騨権掾として当地に赴任した際(事実上左遷)、道真の御霊を勧請し自ら梅の霊木から神像を彫り込み安置したのが始まりと伝えられています。延長元年(923)、兼茂が無罪が認められ京に戻る際、神像を住民に託し以後、天満宮として祀祭されるようになったとされます。歴代領主からも崇敬庇護され、安土桃山時代の天正年間(1573〜1592年)には松倉城の城主三木自綱が再興しています。

江戸時代に入ると歴代高山藩(藩庁:高山城)の藩主金森家から崇敬庇護され、正保2年(1645)には3代藩主金森重頼が病気平癒の祈願を行い、見事完治すると社殿を再建、元禄2年(1689)には6代藩主金森頼時が武運長久と五穀成就、万民快楽を祈願して社殿を造営、その際奉納された石鳥居(石造春日鳥居:柱間2.13m、礎石上より中貫下端まで1.85m、礎石の高さ0.35m、寄進者:和仁喜兵衛、信州伊那谷出身の石工作)は江戸時代初期の石鳥居として貴重な事から名称「天満神社石造鳥居」として昭和39年(1964)に高山市指定文化財に指定されています。

元禄5年(1692)に金森頼時が出羽国上山藩(現山形県上山市)に移封した後は高山陣屋に配された代官や郡代が庇護しました。毎年4月15日の飛騨天満宮の例祭で奉納される獅子舞は江戸時代から続けられ、明治時代に兀下徳之(徳兵衛)と祐成總右ヱ門の兄弟が発展させたもので「徳兵衛獅子」の別称があり、名称「飛騨天満宮獅子舞」として昭和59年(1984)に高山市指定無形民俗文化財に指定されています。祭神:菅原道真。

飛騨天満宮:写真

飛騨天満宮境内正面に設けられた石鳥居と自然石社号標
[ 付近地図: 岐阜県高山市 ]・[ 高山市:歴史・観光・見所 ]
飛騨天満宮参道石畳から見た神門(神社山門)と石造狛犬 飛騨天満宮境内から見た社殿全景と石造撫で牛 飛騨天満宮拝殿斜め右正面と玉垣と石燈篭 飛騨天満宮本殿と幣殿と玉垣
飛騨天満宮境内に設けられた絵馬殿 飛騨天満宮境内に設けられた手水鉢 飛騨天満宮社殿前に安置されている石造撫で牛 飛騨天満宮境内の石鳥居と石燈篭


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。