高山陣屋

  岐阜県:歴史・観光・見所高山市:観光・観光・見所>高山陣屋

概要・歴史・観光・見所
高山陣屋概要: 当初は高山藩主金森氏の下屋敷の1つとして建てられたものでしたが、元禄5年(1692)、6代藩主金森頼時が出羽国上山藩(現山形県上山市)の移封に伴い、高山城は廃城、領内は天領となり改めて幕府から代官が派遣され、その業務を行う高山陣屋として政治、行政、軍事の中心施設となりました。幕府の支配は明治維新まで25代177年間続き、維新後は高山県庁舎となりその後も郡役所、支庁、県事務所などの公共施設として利用されました。現在でも高山陣屋時代の建物である御役所、御用場、大広間、役宅、吟味所、白州、御蔵(高山城から移築)などが残り、陣屋建築の中でもこのれだけの建物が残るのは全国的に見ても珍しく昭和4年(1929)に国指定史跡に指定されています。

高山陣屋:写真

高山陣屋
[ 付近地図: 岐阜県高山市 ]・[ 高山市:歴史・観光・見所 ]
高山陣屋 高山陣屋 高山陣屋 高山陣屋


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。