富加町・歴史・観光・見所

  岐阜県:歴史・観光・見所>富加町

概要・歴史・観光・見所
富加町概要: 富加町は古くから開けていた地域で、数多くの古墳が存在する共に、大宝2年(702)に製作された現存する日本最古の戸籍である御野國半布里戸籍に当時の富加町の人口構成の詳細が明確に分かっています。加治田は関市と下呂市金山と繋ぐ飛騨西街道が通る交通の要衝で富加町には加治田城や堂洞城が築かれ佐藤忠能、岸信周といった領主がこの地を支配しました。戦国時代に入ると佐藤忠能と岸信周、関城の長井道利は同盟を組み中美濃に侵攻する織田信長に対しましたが、佐藤忠能が逸早く信長に降伏した事で戦線が崩れ堂洞城が落城し岸信周も命運を共にしています。加治田城はその後、廃城となりますが城下町は飛騨西街道の宿場町として機能し周辺の経済的中心地として繁栄しました。

富加町・町並み:写真

富加町:町並み 富加町:町並み 富加町:町並み 富加町:町並み 富加町:町並み
富加町:町並み 富加町:町並み 富加町:町並み 富加町:町並み

富加町・神社・寺院・古民家・城郭

清水寺
清水寺
清水寺
大梅寺
大梅寺
大梅寺
松井屋酒造
松井屋酒造
松井屋酒造
旧駐在所
旧加治田駐在所
旧加治田駐在所
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。