中山道(美濃路): 大湫宿

  岐阜県:歴史・観光・見所中山道(美濃路)>大湫宿

概要・歴史・観光・見所
大湫宿(恵那市)概要: 大湫宿は中山道の宿場町として成立した町で、案内板によると「 海抜510mの高地に、江戸から47番目の宿として、慶長9年(1604)に新たに設けられた。東の大井宿へが3里半、西の細久手宿には1里半と、美濃16宿の中で最も高く、それだけに人馬ともに険しい山坂が続く難所に開かれた宿でした。東に枡形を設けた宿の中心には、今も神明神社の大杉がそびえ、古い町並みがよく残っています。脇本陣の保々家(江戸中期)、旅籠の三浦家(江戸末)、問屋の丸森森川家(江戸末)、森新森川家(明治)の4棟は、建造物として国の登録有形文化財に登録されています。 瑞浪市 」とあります。大湫宿は天保14年(1843)当時は尾張藩領で本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠30軒、家屋66軒あり、本陣は保々家、脇本陣を保々家(分家)が務め宿場の長さは3町6間(約340m)でした。山間部に開かれた宿場で江戸(東)方向には「十三峠」、京(西)方向には「琵琶峠(全長730m:現存する石畳として日本一)」が控えていた事から大湫宿を宿泊や休息で利用する旅人も多かったとされます。又、大湫宿では火事が多かった事でも知られ大きな被害を出したものとしては元禄14年(1701)に54軒焼失、正徳5年(1715)に50軒焼失、文政7年(1824)に32軒焼失、文政9年(1826)に57軒に焼失しています。元禄14年(1701)の大火の後には「濃州土岐郡大湫宿火事注進書」が作成され幕府役人や尾張藩役人などに提出、その内の宿場の控えが瑞浪市指定文化財に指定されています。宿場には6箇所の清水井戸の他に用水池が設けられ防火対策を施した町屋建築も現存しています。文久元年(1861)には14代将軍徳川家茂へ御降嫁となった皇女和ノ宮が大湫宿本陣に宿泊したことでも知られ、「遠ざかる都と知れば旅衣 一夜の宿も立ちうかりけり 」の句が残されています。

中山道:美濃路・経路
落合宿中津川宿大井宿大湫宿細久手宿御嶽宿伏見宿太田宿
鵜沼宿−加納宿−河渡宿−美江寺宿−赤坂宿−垂井宿関ヶ原宿今須宿

大湫宿・町並み:写真

大湫宿:町並み 大湫宿:町並み 大湫宿:町並み 大湫宿:町並み 大湫宿:町並み
大湫宿:町並み 大湫宿:町並み 大湫宿:町並み 大湫宿:町並み 大湫宿:町並み

大湫宿・神社・寺院・古民家・城郭

神明神社
大湫神明神社
大湫神明神社
本陣
本陣
本陣
脇本陣
脇本陣
脇本陣
三浦家住宅
三浦家住宅(旅籠)
三浦家住宅
森川家住宅
森川家住宅(問屋)
森川家住宅
森川家住宅
森川家住宅(新森)
森川家住宅
問屋場跡
問屋場跡
問屋場跡
大湫観音堂
大湫宿観音堂
大湫宿観音堂
高札場
高札場
高札場
宗昌寺
宗昌寺
宗昌寺
白木番所
白木番所
白木番所
 
白
 
 
白
 
 
白
 
 
白
 

スポンサーサイト

中山道:見所
大黒屋 細久手宿・本陣
庚申堂 善徳寺
旧加納町役場 加納天満宮
加納城 専福寺
光国寺 八幡神社
加納宿・東番所 吉本屋
祐泉寺 太田宿脇本陣
太田宿本陣 太田代官所
十六銀行太田店 善昌寺
落合宿脇本陣 高福寺
落合石畳 医王寺
落合宿本陣


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。