東野陣屋

岐阜県:歴史・観光・見所岐阜県の城郭>東野陣屋
東野陣屋:略データ
・場 所・岐阜県恵那市東野
・築城年・天正元年
・築城者・遠山家、織田信長
・城 主・佐伯氏
・構 造・砦(陣屋)
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・当地は「御所前」とも呼ばれ、古くは領主である遠山家の「古府」が設けられていたとも云われています。

戦国時代には織田家領と武田家領の境界線に近く、天正元年に織田家に転じた遠山家が織田信長と共に武田家の侵攻に備える砦が築かれ東野陣屋と呼ばれました。

その後、佐伯氏が居館として利用したとも云われていますが詳細は不詳とされ、現在は貴船神社の境内となっています。

貴船神社は寛文5年に貴船信仰の総本宮である貴船神社(京都府)御霊を勧請し開創した事から江戸時代初期には当陣屋は既に廃止されていたと思われます。

東野陣屋は阿木川の流れによって形成された河岸段丘を利用した、約50m四方の単郭の平城風に計画され、西側に流れる阿木川以外に北、東、南の三方に空堀と土塁が囲っていたようです。

東面の中央には虎口があったと推定され、櫓台と思われる土盛があるそうです。

名称は陣屋とされますが、空堀や土塁の規模等から推察するとかなり実戦を想定した拠点だった事が窺えます。

東野陣屋:付近地図
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。